お知らせ

        【MDaemon緊急セキュリティアップデートのお知らせ】

2015/6/22にMDaemon開発元Alt-N Technologies社より
MDaemonのセキュリティの脆弱性が確認されたと発表がございました。
これにより潜在的に悪意のある攻撃に晒される可能性が指摘されております。

このセキュリティアップデートの対象バージョンは以下の通りです。

MDaemon 11.x
MDaemon 12.x
MDaemon 13.x
MDaemon 14.x
MDaemon 15.x

セキュリティパッチは以下よりダウンロード頂けます。

http://www.altn.com/Support/SecurityUpdate/MD061915_MDaemon_EN/Default.aspx

適用方法は以下の通りです。

< パッチ適用方法>

・V13.0.Xから V15.0.Xに対しては、脆弱性が修正されたフルインストールバージョンで
 上書きインストールとなります。

・V11.0.Xはまず、V11.0.4へアップデートします。
 その後にパッチを解凍することでパッチ適用されます。
 パッチ適用後のバージョンはV11.0.5となります。

・V12.0.Xはまず、V12.0.5へアップデートします。
 その後にパッチを解凍することでパッチ適用されます。
 パッチ適用後のバージョンはV12.0.6となります。

・V12.5.Xはまず、V12.5.8へアップデートします。
 その後にパッチを解凍することでパッチ適用されます。
 パッチ適用後のバージョンはV12.5.9となります。
 
---

MDaemon 12.5.X

手順: MDaemon12.5.8を終了します。次に、ダウンロードしたパッチファイルを「\MDaemon\App\」フォルダに解凍し、MDaemonを再起動します。 この操作によって、CFilter.dllファイルが新しいものに置き換わり、バージョンが12.5.9と表示されます。MDaemon 12.5.0~12.5.7をお使いのお客様は、このパッチファイルを解凍する前に、必ずインストーラーを使用して12.5.8へアップデートして ください。


MDaemon 12.0.X

手順: MDaemon12.0.5を終了します。次に、ダウンロードしたパッチファイルを「\MDaemon\App\」フォルダに 解凍し、MDaemonを再起動します。この操作によって、CFilter.dllファイルが新しいものに置き換わり、バージョンが12.0.6と表示されます。MDaemon 12.0.0~12.0.4をお使いのお客様は、このパッチファイルを解凍する前に、必ずインストーラーを使用して12.0.5へアップデートして ください。


MDaemon 11.0.X
 
手順: MDaemon11.0.4を終了します。次に、ダウンロードしたパッチファイルを「\MDaemon\App\」フォルダに解凍し、MDaemonを再起動します。この操作によって、CFilter.dllファイルが新しいものに置き換わり、バージョンが11.0.5と表示されます。MDaemon 11.0.0~11.0.3をお使いのお客様は、このパッチファイルを解凍する前に、必ずインストーラーを使用して11.0.4へアップデートをして ください。


このアップデートに関するよくある質問

セキュリティへの影響について教えてください。
 → パッチを適用しないと、メールサーバが悪意のある攻撃を受ける可能性があります 。

どのオペレーティングシステムが影響を受けますか?
 → すべてのオペレーティングシステムがこの問題の影響を受けます。

どのバージョンのMDaemonが影響を受けますか?
 → MDaemon 11、12、12.5、13、13.5、13.6、14、14.5、15
   MDaemon Private  Cloud 1、2が影響を受けます。

Alt-Nのその他の製品は影響を受けますか?
 → この問題で影響を受けるのはMDaemonのみです。

この問題を解決するために何をする必要がありますか?
 → 影響を受けるソフトウェアの欄に記載されている適切なアップデートパッチをダウン
   ロードします。このパッチを入手するのにアップデートプロテクションを更新する
   必要はありません。