IMAPとIMAP over SSL (IMAP)

IMAP

Internet Message Access Protocol, Version 4, (IMAP4) とは、POP同様メールを受信するためのプロトコルですが、POPと違い、クライアントへメールをダウンロードせず、メールサーバ上に保持したまま管理します。そのため、会社、自宅や出先と複数の場所から利用する場合でも、同じメールがどこからでも見れ、また、不要なメールをダウンロードする必要もないため、ウェブメールをご利用の環境で、多く採用されています。

IMAPパブリックフォルダ

複数のIMAPユーザがアクセスでき、アクセス許可リストを使用してセットアップすることができます。アクセスの禁止、リードアクセス、リード/ライトアクセス、リード/ライト/抹消アクセス、またはリード/ライト/抹消/作成アクセスのいずれかを選択できます。

IMAP over SSL (IMAPs)

IMAP over SSLとは

IMAPで受信をする際には、右図の通り、最初にパスワード情報を送信し、認証した上でメールの一覧や本文をサーバーから受信しますが、ここで送信するパスワード情報やメール本文は平文でやりとりされます


これに対し、IMAPs(IMAP over SSL)とは、上記のIMAPプロトコルにTLS/SSLでの暗号化を加えた通信プロトコルです。による暗号化を用いて、通信経路を暗号化するためのプロトコルです。そのため、インターネット上の悪意を持つ第三者による情報の盗み見を防ぎ、安全にメールの受信を行なうことが可能となります。


MDaemonのIMAP over SSL (IMAPs)対応

MDaemonは、IMAP over SSL (IMAPs)にも標準対応しています。「SMTP、POP3、IMAP用のSSLポートを有効にする」というオプションをチェックするだけで、IMAPsがご利用頂けます。IMAPSはデフォルトで993番ポートを使用しますが、このポート番号についても、任意のものへ変更することが可能です。





IMAP over SSL (IMAPs)対応メールクライアント

IMAP over SSL (IMAPs)をご利用頂くためには、IMAPS対応のメーラーをお使い頂く必要があります。