セキュリティ

リレー制御

リレー制御は非承認ユーザ(スパマーとも言われる)が使用しているメールサーバを経由してメールを送信することを阻止します。

リバースルックアップ検証

リバースルックアップ検証は送信メールサーバの存在を検証します。 ルックアップに失敗した場合は、そのメールをスパムメールまたは不正メールとして扱います。

POP Before SMTP

POP Before SMTPはユーザがそのローカルEメールボックスをチェックしなければMDaemonが送信を許可しません。 これによって認証された人々のみがMDaemonサーバを通じてメールを送信しているという状態を保証します。

認証サポート

接続に対してAPOP、CRAM-MD5、LOGINの認証形式の使用を要求するよう設定できます

ESMTP認証

より高度なセキュリティ機能であるMDaemonのESMTP認証により、メール・クライアントは SMTP 転送中にメッセージを認証することが可能です。

SSLやTLSなど暗号化メールに対応

メール送受信を暗号化する規格であるSTATTLS(RFC2487)、STLS、SSLを標準で対応しています。

SMSゲートウェイサポート

SMSゲートウェイをサポートするため、メッセージを無線プロバイダ経由で電話やポケットベルにルーティングするようMDaemonを設定することができます。 この送信はコンテンツフィルタを経由して行われるため、ユーザは電話やポケットベルにメッセージを配信する規準をコントロールできます。