RelayFaxを使った内部統制

セキュリティ対策や日本版SOX法などのコンプライアンスには、内部統制が必須です。RelayFaxは、これまで困難とされていた紙媒体での情報の管理のセキュリティと効率化を、同時に提供できる数少ない製品です。


コンテンツフィルタを使った誤送信防止

RelayFaxのコンテンツフィルタ機能により、FAX宛先名を、予め特定の番号へ関連付けておくことが可能です。これにより、FAX送信時、クライアントが都度FAX番号を入力しなくとも、送信ができるようになります。利便性だけでなく、FAXの誤送信による情報の流出も、これで防止できます。


送受信FAXデータの一元化

RelayFaxは、FAX文書を電子化して管理するため、紛失などの危険もあったFAX文書のやり取りをより詳細に管理することができます。RelayFaxを使うと、イメージやPDFファイルへ変換した送受信FAXデータのコピーを、任意のフォルダへ残しておくことが可能です。MDaemonにパッケージされているウェブメール機能を、あわせてご利用いただくことで、このフォルダへ権限のあるユーザのみがアクセスできるよう設定していただくこともできます。これにより、送受信された後のデータの参照も、簡単に実現できるのです。