SecurityPlus for MDaemon

Recurrent Pattern Detection (RPD)

Recurrent Pattern Detection (RPD)は、オリジナルメッセージを保護するために、情報の内容を選ばないパターンを識別する特許を受けたテクノロジを使用します。

これらのパターンは、オリジナルメッセージを改造する使用することができません。RPDは適切なパターンを抽出し、次に分析を行い、メールで運ばれる発生を識別するために使用されます。メールメッセージの内で配布および構造パターン両方を分類します。

RPDパターンは、パターンの70%を超えるための高速な合致する結果を提供するローカルキャッシュと比較されます。パターンがローカルキャッシュにないない場合、RPDは本物のリアルタイムプロテクションに最も最新のパターンを供給するために写しについて包括的なデータセンターに問い合わせます。これらの包括的なデータセンターへの問い合わせは、ローカルに最も最新の利用可能な現行のパターンを保持するためにキャッシュを更新します。

RPDは、応答型バルクメール、正当な業務通信、勝手に送りつけられて来るバルクメール、スパムの配布パターンをと区別するようにデザインされています。任意の誤検出である場合、RPDは極めて少ないもので受信脅威メッセージを識別します。情報の内容を選ばないパターンだけでなく、すべてのメッセージ形式とエンコーディングタイプについて、同時に効果的にするために言語に依存はしません。