GFI MailEssentials for MDaemonとは

時代はセルフ・セキュリティ!
MDaemonメールサーバに最大5種類のウイルススキャンエンジンを使って
強力なメールウイルスチェックを

フラグシップテクノロジーズ

近年、メールの添付ファイルを利用したウイルス侵入手法がますます巧妙化し、もはや単一のウイルススキャンエンジンでは検出できなくなりつつあります。最新のウイルスの対策にお悩みのIT管理者は少なくありません。現在、MDaemon用のメールセキュリティ製品として「SecurityPlus for MDaemon」を販売しておりますが、この製品にて提供されるウイルス対策エンジンとしては、Recurrent Pattern Detectionと 呼ばれる独自の検知メカニズムをベースとした未知ウイルスの発見やシグネチャベースのウイルス対策エンジン「Kaspersky」がありますが、確実なウイルス検知を実現するシグネチャーベースのエンジンは 「Kaspersky」の一種類のみとなっています。単一の定義ファイル型ウイルススキャンエンジンでは、定義ファイルに無いウイルスは見逃してしまい、サーバやマシンへの感染を許してしまうことが知られています。メールは企業の基幹コミュニケーションツールの一つであり、セキュリティの確保がもっとも優先されるものの一つになりますので、メールセキュリティの強化は最重要視する必要があります。この度、このようなニーズの高まりを受け、メールの添付ファイルを最大5種類のシグネチャーベースのウイルス対策エンジンで高精度にスキャンし、ウイルス検知率を大幅に向上させたメールサーバ用の総合セキュリティ製品「GFI MailEssentials」をご案内致します。MDaemonメール サーバと連携させることで、非常に強力なメールセキュリティを実現することができます。

「GFI MailEssentials」は、包括的なメールセキュリティスイートです。VIPRE、BitDefender、McAfee、Kaspersky、Aviraの5種類のシグネチャーベースのウイルス対策エンジンのみならず、優れたアンチスパイウェア、コンテンツフィルタリング、フィッシングサイト保護、グレーリスティング、ベイジアンフィルタリング、IPレピュテーション、メールコンテンツポリシー機能といった総合メールセキュリティをご提供します。これ一つで、MDaemonのメールセキュリティは万全です!尚、「GFI MailEssentials」のセットアップや設定は、弊社が責任をもって致します。